【2023現在】温水洋一を最近見ない5つの理由とは?今の活動内容も紹介!画像

独特な雰囲気を持つ俳優として知られる温水洋一さん。

最近見る機会が減ってしまっているようですが、どういった理由からでしょうか?

コチラの記事では、温水洋一さんを最近見ない理由を紹介していきます。

目次

【2023現在】温水洋一を最近見ないと話題に

温水洋一 現在 今

最近見かけなくなってしまった温水洋一さん。

現在は何をしているのか?どうして見なくなったのか?多くの人が気にしているようです。

コチラは温水洋一さんを検索した時に出てくる予測変換です。

たくさんの人が検索した履歴が表示される仕様になっています。

温水洋一 現在 今

このように温水洋一さんの現在の様子や最近見ないと感じ、多くの人が検索したことが分かります。

一体なぜ見る機会が減ったしまったのでしょうか。

なぜ?温水洋一を最近見ないと言われる5つの理由

温水洋一 現在 今

温水洋一さんを最近見ないと言われている理由は5つあります。

5つの理由は下記の通りです。

  1. 怒りやすい性格だから
  2. 地方の仕事を優先するようになったから
  3. BSなど衛星放送の番組の出演が多いから
  4. 舞台の仕事を優先しているから
  5. 制作費カットの影響を受けたから

1つ1つ詳しく見ていきましょう。

①怒りやすい性格だから

怒りやすい性格だから 地方の仕事を優先するようになったから BSなど衛星放送の番組の出演が多いから 舞台の仕事を優先しているから 制作費カットの影響を受けたから

まず1つ目の見なくなった理由は怒りやすい性格だからと言われています。

テレビでは温厚のように見える温水洋一さんですが、実は短気なんだとか。

実は温水さん、温厚に見えてキレやすい面があるんです。演技に熱い思いがあるということもありますが、気に入らない演出があると文句を言って怒鳴り散らすそう。

もちろん、番組への熱い想いを理解するスタッフもいますが、嫌だという方も。

温水さんの熱い思いを理解しているスタッフもいますが、多くのスタッフはびびってしまい、段々と敬遠されてキャスティングから外されることが多くなりました。
livedoor NEWS

つまり、周りが温水洋一さんを避けるようになってしまったということです。

②地方の仕事を優先するようになったから

怒りやすい性格だから 地方の仕事を優先するようになったから BSなど衛星放送の番組の出演が多いから 舞台の仕事を優先しているから 制作費カットの影響を受けたから

2つ目の理由は地方の仕事を優先するようになったからです。

温水洋一さんは2013年に出身地の宮崎県都城市の観光大使「みやこんじょ大使」に就任しています。

それからは地元を盛り上げるべく積極的に活動されているようです。

そんな活動内容はコチラ。

  • 宮崎県の食と本格焼酎を楽しむオンラインイベント <宮崎SHOCHU FESTIVAL2022>へ出演
  • 2020 年度ふるさと納税受入額日本一」に輝いた都城市のお肉と焼酎のおいしさを PR
  • 「都城市( みやこのじょうし)本物を伝える広告」篇へ出演

また、宮崎県だけでなく、愛知県東海市と知多市のコミュニティラジオにも出演し、地方でも活躍しています。

③BSなど衛星放送の番組の出演が多いから

温水洋一 現在 今

3つ目の理由はBSなどの衛星放送の番組へ出演が多いためです。

温水洋一さんは下記番組へ出演しています。

  • BS松竹東急オリジナルドラマ「かりあげクン」レギュラー出演
  • BS朝日「無用庵隠居修行6」
  • BS『世界ふれあい街歩き」〜ちょっとより道〜コーナーのナレーションを担当
  • BSテレ東「都会を出て暮らそうよ BEYOND TOKYO」 など

地上波でなく、衛星放送の番組に力を入れていることが分かりますね。

④舞台の仕事を優先しているから

温水洋一 現在 今

4つ目の理由は舞台の仕事を優先しているからです。

温水洋一さんは下記の舞台へ出演しています。

  • 舞台『世界は笑う」
  • イキウメ 舞台「関数ドミノ」
  • 舞台「ベイジルタウンの女神」など

BSなどの衛星放送の番組以外に舞台への力の入れ様が伺えますね。

⑤制作費カットの影響を受けたから

温水洋一 現在 今

5つ目の理由は制作費カットの影響を受けたからと言われています。

これは温水洋一さんに限ったことではありませんが、不況のため、民放テレビ局は番組の制作費を抑える傾向にあります。

10年前、民放の1時間ドラマは1本3000万~4000万円だったが、テレビ不況の現在、高視聴率の『相棒』(テレビ朝日系)シリーズでも1本2000万~2500万円とみられる。大ヒット作『半沢直樹』(TBS系)でさえ1本3000万円程度とか。

izaより

また、番組製作費削減の策として、出演料とスタジオ使用料程度で済むバラエティー番組を多く放送する傾向にあるんだとか。

芸能人ではなく、ディレクターが町の人に話しかけて取材する番組が増えているのはこういった背景があります。

そのため、温水洋一さんもその影響を受け、番組出演が減ったと考えられます。

まとめ

見かけなくなったという声が多くある温水洋一さん。

現在は、舞台や衛星放送で活躍されていることが分かりました。

今後も温水洋一さんの活躍を応援したいですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる